離れて暮らす両親にタブレット端末をプレゼントするという親孝行(あれから3年あまり)

0

スマホ活用術/アプリ紹介 | 2015年07月20日 | 6,098 views | Posted by harnya

はーにゃです

 

3年半くらい前にSkypeで仮想同居しているという投稿をした沖縄の実母とのその後について書いてみたいと思います。

当時79歳だった母、83歳になった今も持病を持ちながらも元気に暮らしております。

3年前の投稿はこちら
離れて暮らす両親にタブレット端末をプレゼントするという親孝行

今だに閲覧が続く4万ビュー超えの投稿でした。

 

【3年前のこと】

3年前の状況は以下の通りです

ーーーー

東京と沖縄で離れて暮らしていて、病気もあるひとり暮らしの母ともう少し頻繁にやりとりしたいと思い、タブレットをプレゼントすることを考えた

7インチのタブレットGalaxy tabSC-01Cを東京から沖縄の母に送り、私が代理でADSL回線を契約

その後はSkypeを利用してテレビ電話で仮想同居

ーーーー

パソコンもガラケーもまったくと言っていいほど使えなかったアナログ人間の母ですが、タブレットはどうにかどうにか、少しなら操作できるようでした。

Skypeで接続して顔を見ながら食事を一緒にしたり、子どもの誕生日にはケーキのろうそくを消す瞬間を一緒に過ごしてもらったり

沖縄では見られない紅葉を一緒にながめたり。。

離れていることを忘れてしまうような瞬間をたくさん過ごしてきました。

 

【あれから3年あまりSIMフリースマホをプレゼント】

ADSL回線のネックとなる部分ですが、基地局から距離のある母の家では、どうも回線が不安定でWi-Fiが切れてしまうことも多かったので、結局2年縛りが終わったところでADSL回線は解約。

MVNOのSIMで3G回線を使う状態になっていました。

それと、発売から5年経っているタブレット端末が経年劣化もありカメラ機能が完全に壊れてしまいました。

そのため、ここ1年くらいはテレビ電話もできないままでした。

そして今年の6月。

父の命日に仕事で帰省することができなかったので、父を偲ぶ意味でも、父が一番喜ぶのは何だろう?と考えてみました。

いつも持病のある母のことを心配していた父は、母とひとり娘の私がテレビ電話でまた頻繁に話したりできるようになることを喜んでくれるのではないかと思いました。

 

これまでは回線も3G回線でしたし、さすがにそろそろ初代Galaxy Tabは卒業しようと思いました。
そしてこの機会にFreetelのSIMフリースマホ「Priori2LTE」を購入しプレゼントすることにしました。

SIMフリースマホが結構簡単に安価で手に入る時代になってきましたね。

2万円を切る安さでSIMを2枚させるデュアルSIM。

そして何よりタッチ感度がやや悪いとの評価が多いのが決め手でした。

感度の悪さ、、それはややもっさりということ。それも高齢者にはちょうどよいのではないかと思ったのです。それはまさにビンゴ!でした。

 

【今回の設定等】

継続してMVNOを使用

うちはIIJmioのファミリーシェアプランを利用しています。

ファミリーシェアプランはSIMを3枚使えて月額3000円を切る格安SIMです。

3年前は確か3枚分合計で1か月1GBまで使えるプランだったと記憶しています。

それが今やどんどん容量が増え、10GBまで使用可能になっています。

これならテレビ電話を結構な頻度で使っても余裕があります。ありがたいです。

 

3枚のSIMのうち1枚は私のAndroidファブレットにさし、もう1枚は長男のiPad mini(LTE)にさしてあります。

そして3枚目を母のスマホにさして設定しました。

以前から利用しているSIMを継続して使うことにしましたので、今回かかった費用は端末代のみです。
母の方には負担はありません。これも大きなポイントです。

 

SIMフリー端末を購入して格安SIMを利用すれば、最初の端末代の他にかかる維持費は月額数百円というケースも十分可能ですね。

 

今回購入したPriori2LTEは4インチのいわゆるスマホです。

小さいのですが、今の一番の目的はテレビ電話機能を使うことです。

 

どうせなら文字でやりとりできる「トーク」も使ってほしいので「LINE」をメインに使う専用端末として設定しました。

 

Skypeもインストールしましたが、テレビ電話もLINEを使うことにしました。

 

そして母が使う機能についての簡単なマニュアルをつけて発送

特に操作を説明するときのことを想定して端末のボタン等に「番号」をふって説明が分かりやすい工夫をしました。

 

そのように設定したスマホが母のもとに届き、さっそくテスト。

LINEでテレビ電話をかけてみます。

マニュアルには「LINEがかかってきたら『緑のボタン』を押してね」と書いてあります。

どうか?、、、、どうか?。。。。がんばれ母。。。

 

着信した!!

母の顔が映りました。


母は写真使っていいよ~って言ってくれたんですが一応(笑)

 

回線も3GからLTEになったことで以前よりも安定しています。

心配したサイズもコンパクトで持ち歩きやすいと喜んでくれました。

マイナス評価がついていた感度の悪さもやはり予想どおりちょうどいいようです。

 

そして、何とガラケーと一緒にスマホを持ち歩いてくれるようになっています。

私のAndroidで母のスマホも設定してありますので、居場所確認も簡単です。

 

「そうよ~~、今イオンで買い物してるのよ~」とそれも母は喜んでくれています。

 

旧端末もカメラ以外は健在なのでブックリーダーとして継続して利用しています。

 

今回の購入、priori2以外に検討したのがiPad miniLTE版でした。

 

ただ、、iPad miniだと間違いなく孫たちのおもちゃになってしまうので、あえてスマホを選択しました。

これも正解だったようです(笑)

 

スープは冷め切っちゃう距離だけど、心のつながる距離でいたい

3年経過しても、その思いを継続できる端末君達に感謝です。

 

あわせて読みたい関連記事