カテゴリー別アーカイブ

お知らせ

【はーにゃの個人活動の一部をキートンコムと統合します】

0

お知らせ | 2016年12月28日 | 636 views | Posted by harnya

 
夫婦それぞれで個人事業をしている関係で、
何だかあやふやで、一体なんという名前でどこで何してるの?
って感じになっていたのと、、
 
直也氏(夫)はどうしてるの?というお声も(笑)
 
そこで
夫との事業
「キートン・コム」と
私の
「ファミリー空手結Yui」の活動を
統合していくことになりました。
 
 
2017年1月からの
「キートン・コム」の活動は以下の通りとなります。
 
・スマホ・タブレットのアプリ開発
・障害のある方の生活支援としてのスマホ、タブレット活用についての講演等
・きもちぺったんボード他の支援グッズ開発、販売
・おめめどうさんのコミュメモ取り扱い
・自閉症、発達障害児のための空手教室
・支援介助法研究会
・障害のある方のための施術会
・障害のある方のためのリンパ体操教室
・障害のある方のご家族のためのヒーリングカフェ
・教育委員会委託講座関連
・高齢者向けスマホ、タブレット教室関係
 
 
スマホ、タブレットに限らず
上記活動のことに関してはキートン・コムで発信していきます。
今年一年、夫はひたすら開発に専念しておりましたが、来年はもう少しリアルの世界に出てきてくれると思います(^▽^)/
 
 
夫婦で力を合わせて頑張っていきますので来年もよろしくお願いします。

一般社団法人日本自閉症協会 第24回全国大会 in ながのに出展します

0

お知らせ | 2016年07月03日 | 784 views | Posted by harnya

はーにゃです

 

7月16日(土)と17日(日)に開催される

「日本自閉症協会全国大会inながの」に出展することになりました。

※大会への参加申し込みはすでに終了しております

 

今回は三宮直也は子供たちとお留守番です(笑)

キートン・コムのこれまでリリースしたアプリ達のご紹介と、

キッズ気持ち表現スタンプ(LINEスタンプ)
同スタンプの印刷データのご紹介

そして気持ちぺったんボードも展示即売させていただきます。

私個人のリンパケアのブースと一緒に出展しますので、

あっちいったりこっちいったりするかと思いますが(笑)

イベントにご参加される予定の方は、是非ブースまでお立ち寄りください。

 

11/26(木)うっかりママさんのためのEvernote講座開催します

0

お知らせ, スマホ活用術/アプリ紹介 | 2015年11月05日 | 2,852 views | Posted by harnya

はーにゃです

 

以前からご要望の多かった「大人のスマホ、タブレット講座」を開催することになりましたのでお知らせします。

 

今回の対象はズバリ「うっかりさん」

そう正に私のことです(笑)

 

あのプリントどこいったっけ?

 

あの行事は何時から?会場は?

 

歯医者の予約いつだっけ?

 

寒い、、湯たんぽどこに保管してたっけ? つづきはこちら »

コミュニケーション支援ツール「きもちぺったんボード」販売再開します

0

お知らせ | 2015年09月30日 | 3,874 views | Posted by harnya

はーにゃです

 

【きもちぺったんボード】

先日、販売開始と同時に完売しました「きもちぺったんボード」の販売を再開させていただきます。

 

きもちぺったんボードはLINEのコミュニケーション支援スタンプ「キッズきもち表現スタンプ」のアナログ活用版として開発いたしました。

過去の記事で、LINEのクリエイターズスタンプ「キッズ気持ち表現スタンプ」のアナログ印刷用データの活用方法について以前まとめさせていただきました。

印刷用データの活用事例

 

実はこの印刷用データが大変好評で、

「是非我が家でもアナログボードで活用してみたい」

「スマホやタブレットと併用したい」

「スマタブの前にアナログで試してみたい」

というお声を多数いただいております。

つづきはこちら »

コミュニケーション支援ツール「きもちぺったんボード」販売開始のお知らせ

0

お知らせ, 支援 | 2015年09月02日 | 4,453 views | Posted by harnya

はーにゃです

夏休みも終わり、新学期がはじまりましたね。

新学期にこんな支援アイテムはいかがでしょうか?


【きもちぺったんボード】

 

※初回限定セットは完売しました。ありがとうございました。販売再開した「はじめてセット」はこちらからご購入いただけます→こちら

LINEのクリエイターズスタンプ「キッズ気持ち表現スタンプ」のアナログ印刷用データの活用方法について以前まとめさせていただきました。

印刷用データの活用事例

 

実はこの印刷用データが大変好評で、

「是非我が家でもアナログボードで活用してみたい」

「スマホやタブレットと併用したい」

「スマタブの前にアナログで試してみたい」

というお声を多数いただいております。

つづきはこちら »

【教育委員会委託講座スマタブワークショップ 練馬】開催します

0

お知らせ | 2015年07月24日 | 1,539 views | Posted by harnya

はーにゃです
 
練馬区教育委員会委託子育て学習講座の第2回目を開催することになりました。
 
5月の第1回目セミナーでは
「生活支援とは?」
「こういうアプリがあります」
というご紹介をさせていただきました。
 
おかげさまで大変好評で、「次回はぜひ具体的な使い方などを教えてほしい」という要望をいただいておりました。
今回はそのお声におこたえするため、ワークショップ形式とさせていただきます。 つづきはこちら »

【6/17文京区】スマホ、タブレット活用セミナー開催します

0

お知らせ, 活動レポート | 2015年06月11日 | 1,922 views | Posted by harnya

はーにゃです

東京都文京区の文京区心身障害福祉団体連合会さん主催のセミナーで講師をつとめさせていただくことになりましたので直前ですがお知らせします。

 
この形のセミナーはしばらく予定しておりません。
ご興味ありましたらこの機会にぜひご参加ください。
 
すっかり家庭でも浸透しつつあるスマホやタブレットですが、生活を支える道具として活用していますか?
 
 ― 何だか高いゲーム機になってしまっている
 ― YouTube再生専用機のようになっている
 
そんなことはないでしょうか?
結局、携帯ゲーム機の時と同じように
「ゲームばっかりしてないの」
って叱ってしまう対象だったり
 
「あと少し静かにしてて」
と外出先で子守りを頼むためだけの機械になっていませんか? つづきはこちら »

【「STOP!虐待バッヂ」作成しました】

0

お知らせ | 2015年06月03日 | 4,012 views | Posted by harnya

はーにゃです
 
先日から続いている知的障害者施設での虐待のニュースに心を痛めている方も多いかと思います。
 
どうして虐待は起こってしまうのか?
 
虐待した人を糾弾して終わりにしたくない。
 
うちのような小さな個人事業では大したことはできないかもしれないけど、せめて「声」をあげたい。
 
 
 
そんな思いから何かできないかと、LINEスタンプ「キッズ気持ち表現スタンプ」のイラスト担当あっきぃに相談したところ、「STOP!虐待」バッヂイラストを作成してくれました。
 
このバッヂが
虐待を絶対に許さない!断固糾弾すべきだ!
というメッセージだけになってしまうのは本意ではありません。
 
虐待を防ぎたい
今ある虐待を止めたい
虐待をやめる、または防ぐために支援技術を学びたい
 
そんな「勇気の行動を起こすための一歩」の一助となればと思います。
私も自戒をこめて発信します。学びます。
 
 

【練馬区6/24】自己決定支援とは~知的障害、自閉症の方が人生の主人公になるために~

0

お知らせ, 活動レポート | 2015年06月03日 | 3,254 views | Posted by harnya

はーにゃです

 

6月24日(水)に念願の「自己決定」に関するセミナーを開催します。

 

先日の知的障害者施設での虐待のニュース。

大きなショックを受けると同時に「氷山の一角なのではないか」と思う自分もいました。

 

決して他人事ではないとも思いました。

障害のある方への人権意識が低く、彼らとのコミュニケーションをとる術も乏しいなら???

 

容易に「支援」が「支配」へと変わっていく構図が目に浮かんでしまうのです。 つづきはこちら »

パニック等への対応「支援介助法講習会」開催します

0

お知らせ, 活動レポート | 2015年05月16日 | 2,204 views | Posted by harnya

はーにゃです

 

スマホ、タブレットに関することではありませんが、講座を企画しましたのでご案内させていただきます。

自閉症や知的障害、発達障害の方がパニックを起こして暴れてしまったとき、

道路の真ん中で固まってしまって動かなくなってしまったとき

どうしますか?

 

なぜパニックを起こすのか?固まってしまうのか?を しっかりと理解し、彼らが心地よく過ごせる配慮をすることが大前提なのは間違いないかと思います。

 

でも起こってしまったパニック、どう対応したらいいのでしょうか?

息子に殴られて ただただ耐えているお母さんいらっしゃいませんか?

力任せに押さえつけてしまう?

反撃して痛さを教える?

数人がかりでひっぱって動かす? つづきはこちら »