ZOOM自動応答で遠隔見守り

0

支援, 高齢者向け | 2020年05月03日 | 424 views | Posted by harnya

はーにゃです

 
 
みなさんは遠隔見守りにご興味ありますか?
 
例えば留守宅のペットの見守り
高齢の家族、子どもの留守番中の見守り
留守宅の監視モニター
などなど。。。
 
そして「監視モニター」はたいてい「自動応答」でつながりますね。
誰かが「ボタンを押さなければならない」だと留守宅の監視ができないわけですから。
 
また見守りはどうでしょうか?
応答ボタンを押すなどの操作が可能な家族ならいいのですが、それが高齢だったりで難しい場合は?
そういうモニターのサービスを契約して使うというのももちろん方法としてありですが、以前はねSkypeが「自動応答」の機能を搭載していたので、よく利用していました。
Skypeがその機能を廃止してしまったので、現在、沖縄の母とのやりとりは先日ご紹介したアレクサ一択となっているわけです。
 
今日は、今、ものすごい勢いで世の中に浸透していきつつあるZOOMをご紹介したいと思います。
もちろん、私のご紹介ですからマニアックな話です(笑)
 
散々ZOOM以外のオンラインミーティングなどについて話しておいて最後にZOOMのお話しです
 
 

 

■今回の記事のポイント
  • 実はZOOMも友だち登録がある
  • 会議を立ち上げる以外に「ZOOMをかける」ことができる
  • パソコン版なら「自動でかかってきた通話に応答」できる
  • 遠隔見守り、留守宅監視などに使えるかも?

 

目次

 

1.ZOOMの連絡先、チャット、使ってますか?
ZOOMって
ZOOMの会議を立ち上げて、参加者を招待する
 
という使い方のみだと思っていませんか?
 
実はZOOMにはSkypeやLINE、FaceTimeのように
「友だちになる」という機能があります。
 
それを使うと
友だち同士でチャットができたり
音声通話やビデオ通話を「かける」ことができます。
 
え?それって会議を立ち上げるってことでしょ?
 
いえいえ。
会議を立ち上げるのではなく
 
分かりやすく言えば
「ZOOMで電話をかける」「ZOOMでテレビ電話をかける」
ということです。
 
LINEならそうですよね
友だちになった人とのトーク画面で「ビデオ通話」ボタンを押すと
相手に呼び出しの通知音が鳴って、応答するとビデオ通話ができる
 
これ、ZOOMもできるんです
 
ZOOMのパソコン用クライアントソフトとスマホ用のアプリに「連絡先」ってありますよね。
ここで「LINEでいうところの友だち登録」ができます
 
連絡先に「+」で「連絡先の追加」を押して
直接メールアドレスを入力してもいいし
パソコンなら友だちへの「招待のコピー」をして相手がそのURLをクリックすることで友だちになることもできます。
この辺のしくみはLINEとほぼ同じですね。
 
そしてここからがZOOMの面白いところ
 
ZOOMには「自動応答」の機能があるんです。
昔Skypeにも搭載されていたのになくなってしまった「自動応答機能」です
初期値では自動応答機能は使えなくなっていますが、WebのZOOMの詳細設定から
「チャットでの自動応答グループ」をONにすることで使えるようになります。
 
これをすると何ができるのか?
 
 
「パソコン版のZOOMが入っているパソコンなら、スマホや他のパソコンからZOOMでテレビ電話をかけて、「自動で着信」できるんです。
 
勝手につながる「自動応答」ができるのはパソコンのみですが「ZOOMをかける側」は」にスマホでもOKです。
 
今回の「ビデオ通話」や「音声通話」は電話回線を使うわけではないので、ZOOMでよく心配される「国際電話料金がうんぬん」とは別のお話しです。電話料金がかかることはありません
 
設定の流れを簡単に書いておきます
 
 

2.ウェブのZOOM設定で自動応答の設定をする

 

https://zoom.us/signin

からサインインして自分のアカウントの設定画面を開きます

②「設定」の「ミーティング」の「ミーティングにて(詳細)」で「チャットでの自動応答グループ」をONにします

これで設定は完了です

 

3.パソコン版のZOOMクライアントソフトで友だち登録する

①「連絡先」を開きます

②「連絡先」の「+」から相手のメールアドレスを入力します

または「招待のコピー」をクリックして相手のメールやLINE、メッセンジャーなどで貼り付けて招待してもOK

③相手が友だちになることを承認すると「連絡先」の一覧に表示されます

 

これで「ZOOMで電話する」「ZOOMでテレビ電話する」「ZOOMでチャットする」ができるようになりました。

「チャット」から「連絡先」を選択するとその人とのチャット画面が表示されて(LINEのトークのようなもの)

「文字でのチャット」ができます。同じ画面でビデオマークをクリックするとビデオ通話をかけはじめます。

オプションで「ビデオありでミーティング」のチェックをはずすと「音声通話」ができます。

ここでの操作は「電話をかける」なので、ZOOMですが相手には

「トゥるるるる~~~」と

着信音が鳴ってSkypeやLINEの通話のように「応答」して電話をつなげます。

 

この機能、まだまだZOOMでは使われてないですね~~

実はチャット機能はスレッドになったりするのでSlackっぽくて使い勝手がなかなかよさそうですよ。

 

グループも作成できるので、定期的にZOOMでの会議をするグループならここ使うと便利かもしれません

 

ただし、ここまでの設定でできるのは、あくまでも「かかってきたら『応答』ボタンを押してつなげる」ことです。

『応答』ボタン押さずに勝手につなげる「自動応答」の話に戻します。

 


4.自動応答の設定をする

 

①友達になった相手の「・・・」をクリックして「自動回答グループに追加」をクリックします

(これ多分、自動応答グループの日本語訳の間違い。。そのうち直るかも?)

スマホでは自動応答できないので、スマホのアプリにはこの「自動応答グループ」の設定はありません。設定できるのはパソコンのみです。

これで「連絡先」の「自動回答グループ」に連絡先が追加され、自動応答の準備が整いました。

 

5.自動応答する側のパソコンにZOOMでかけてもらいます

 

①かける側はスマホでもパソコンでも大丈夫です。

スマホの場合

「連絡先」から相手のを選び「ミーティング」(ビデオ通話)または「発信」(音声通話)

パソコンの場合

「チャット」から「連絡先」から相手を選び「ビデオマーク」をクリックするとビデオ通話

オプションで「ビデオありでミーティング」のチェックをはずすと「音声通話」ができます。

そして、この時かかってきた通話をパソコン側は自動で着信するのです。

 

例えばかける側が「待機室」を使う設定をしていた場合は一度かけた相手が待機室に入りますが、そこで「許可」すれば接続します。

 

私は以前Skypeにこの機能があったとき、まだ小学生だった息子の留守番練習の時にSkypeを使っていました。

あとは、家族が不在の時に、息子が家の鍵を閉めてでかけるというのが練習中だった時

私も不在なわけですからチェックができないんですよね。

鍵開けたままだと本当に危ないわけですから、玄関にパソコンを置いてパソコンのカメラをドアノブが見えるように設置。息子がでかけた後鍵がかかっているかチェックしたりしていました。

 

あと、パソコンの電源が落ちている時は?残念ながら接続できません。

 

ではZOOMのソフトを閉じた後は?

これは実は本当に閉じてはいない場合が多いです。「×」で閉じた後もバックグラウンドで動いている場合は接続できます。ZOOMを本当に終了したければ「ZOOMの終了」を押さないといけないのです。

これを押していなければZOOMが起動してきて接続できます。

 

ご興味ある方、選択肢のひとつとして試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 
 
——————–

3000円からのオンラインITアドバイス

随時申し込み受付中です。

詳細はこちら

 

 

著者紹介

三宮華子(はーにゃ)

東京都練馬区在住
ふたりの自閉症の男の子の母親
沖縄出身
スマホ、タブレット活用について等、講師として各地で講演
高齢者センタースマホタブレット教室講師
整体師
障害のある方のためのタッチケア「おうちdeタッチケアぐるーみん」考案者

あわせて読みたい関連記事