月別アーカイブ

2015年04月

耳栓を使い比べてみました

0

支援 | 2015年04月30日 | 2,340 views | Posted by harnya

はーにゃです

 

 

スマタブ関係ありませんが、「支援」という点で気づきをもらえる経験をしたので書き留めておきます。

 

ーーーーーーーーーーーーー

「なくても過ごせる」

でも少しずつストレスがたまるし、パフォーマンスも少しずつ下がっていく。

排除できるバリアは取り払いたい

ーーーーーーーーーーーーー

のお話しです。

つづきはこちら »

就学奨励費を使ってICT機器(iPad)を実際に購入してみたお話

0

子育て/療育情報 | 2015年04月22日 | 13,142 views | Posted by vochkun

 特別支援学校に就学する際の経費の一部を助成する制度として就学奨励費があります。これまでは通学費や学用品などが支給対象でしたが(支給要件や支給上限は自治体や世帯収入によって異なる)、平成26年度からは新たにICT機器もその対象となりました。

 つまり、iPadなどのタブレット端末を購入する際にも就学奨励費を活用できるようになったということです。うーん、素晴らしい!

 ただし、昨年度(平成26年度)では、支給対象となる生徒は「高等部の1年生のみ」で、本年度(平成27年度)からは高等部の2年生も対象に加わりました。おそらく来年度は高等部の3年生も、、、というように年次進行で順次拡大されてゆくのだと思われますが、対象学年以外のお子さんは残念ながら支給対象外となります。

 就学奨励費の存在は知っていても、ICT機器が支給対象になるということを知らない保護者の方も多いのではないでしょうか? それもそのはず、文科省のホームページなどを見ても、どこにも公表されていません(2015年4月現在)。ただ、各自治体の教育委員会等を通じて学校側には正式に通達が行っているはずなので、学校の事務に問い合わせると詳しく教えてくれるはずです。一部の学校ではPTA向けに説明会を開催しているところもあるようですが、うちの長男が通う学校では特に説明会等はありませんでした。

 また、誤解されやすい注意点として、(学用品等とは異なり)勝手にiPadを買ってきて、後から「支給してください」と申請しても認められない可能性が高いということです。

 せっかく新しくできた素晴らしい制度なのに、活用しないのはもったいない!ということで、わが家でこの制度を利用してiPadを実際に購入した経緯を詳しくご紹介しようと思います。今後この制度を利用される方の参考になりましたら幸いです。

つづきはこちら »

【事例紹介#003】更新等の日程を失念するのを防ぐ

0

スマホ活用術/アプリ紹介 | 2015年04月21日 | 1,526 views | Posted by harnya

  • はーにゃです
ジョルテ等のカレンダーにずっと先の予定を書き込む。

我が家は自動車の駐車禁止除外ステッカーの交付を受けてます。

これが、3年ごとに更新。

それ、、忘れるんですよー。

期限切れに気づかず更新できないと駐車禁止を切られてしまいます。

こういうのたくさんありますよね。

各種受給者証
自動車保険の更新
東京なら都営交通の無料パス
定期券

など。
連絡をもらえるものはまだいいのですが、手当系や免除系は基本自己申告が多いので、自分で気づいて手続きに行く必要があるものが多くて失念しがち(私だけ?)

今回の除外ステッカーの手続きが終わってステッカーをさきほど受け取りました。
そして、その場でスマホのジョルテに三年後の更新期限一週間前から期限切れ当日までの一週間連続の予定として
「そろそろ除外ステッカー更新」
というタイトルにして登録しました。

更新が終わった時点で手帳だと書き込めないないような期間の予定を登録する

パソコンでもできたことですが、家に帰ってパソコンを開いた時には忘れてる。なんてことありますよね。
「受け取ってすぐ次回更新日を確認してその場で登録できる」
というのが、便利だし、忘れる確率もぐんと低くなりますね。

これは立派な支援者支援だと思います。

【事例紹介#002】 どっちにも得する支援としてのタイマー

0

スマホ活用術/アプリ紹介 | 2015年04月19日 | 1,876 views | Posted by harnya

はーにゃです

    •  
息子2人と外出している日曜日の午前中。
公園の売店に行きたい長男と公園の遊具で遊びたい次男2人を連れてまずは公園にきました。

公園では体の大きさもあり日曜日のこの時間はブランコしかさせてあげられない長男は時間を持て余して、早く売店に行きたい。
次男は遊具で遊びたい。

2人に得する支援としてタイマーを使います。

【事例紹介#001】カメラを使って電車の乗り換えを分かりやすくする

0

スマホ活用術/アプリ紹介 | 2015年04月17日 | 1,559 views | Posted by harnya

はーにゃです

なかなかブログの更新ができません(泣)

せめてよくご質問をいただく

「はーにゃさんは普段お子さん達とどんな使い方をされているのか教えてほしい」

のお声にお応えできる範囲で少しずつ事例をご紹介していきたいと思います。

 

今朝次男との登校中、各駅停車に乗らなきゃいけない電車のホームで 

「これ乗れる?」 

という顔を次男がしたので指をさす代わりに電光掲示板をカメラで撮影して手元の写真と実物を見比べながら一緒に確認しました。

私はスマホやタブレットを活用する際、このタイミングをとても重要視しています。 そうじゃないと

「本人が知りたいと思っていないことを一方的に教えられる」

になってしまいます。

それだとスマホやタブレットは支援機器ではなくあっさり

「指導機器」

になってしまうので、この視点を忘れずに活用していきたいと思います。