【事例紹介#002】 どっちにも得する支援としてのタイマー

0

スマホ活用術/アプリ紹介 | 2015年04月19日 | 1,962 views | Posted by harnya

はーにゃです

    •  
息子2人と外出している日曜日の午前中。
公園の売店に行きたい長男と公園の遊具で遊びたい次男2人を連れてまずは公園にきました。

公園では体の大きさもあり日曜日のこの時間はブランコしかさせてあげられない長男は時間を持て余して、早く売店に行きたい。
次男は遊具で遊びたい。

2人に得する支援としてタイマーを使います。
長男には「これが終わったら売店に行けるよ」次男には「これが終わるまではいっぱい遊んでいいよ」この言葉で2人ともゆったりすごして大体スムーズ。
「早くいこーよー」もなければ
「もっと遊びたいー」
もありません。
長男はブランコを楽しんだ後は音楽を聴いてました。

私も楽(笑)
WinWinWinです。
 
  • ユーティリティ, ライフスタイル
  • Keaton.com – Naoya Sangu
  • 全てのバージョンの評価: (11件の評価)
App + iPhone/iPadの両方に対応

ちょっと古い記事ですが、以下でもおすすめタイマーアプリを紹介しています。

あわせて読みたい関連記事