カテゴリー別アーカイブ

活動レポート

第1回ヴァラエティ・カフェ参加報告「療育手帳は取るべきかについて」

2

活動レポート | 2011年08月02日 | 5,025 views | Posted by vochkun

 こちらでお知らせした第1回ヴァラエティ・カフェですが、7月30日に豊島区心身障害者福祉センターにて保護者・成人当事者・専門家など総勢50名の参加者を集めておこなわれました。

 私も息子のゆっぢゅ(4歳)といっしょに参加してきましたので、そのご報告です。

カフェ前半:解説プログラムについて

 プログラムの前半は、臨床心理士で「数字と踊るエリ-娘の自閉症をこえて」の著者である矢幡洋さんによるスペシャルトークイベントなどがおこなわれました。

つづきはこちら »

発達に遅れがある子どもと保護者のためのiPhone/iPad勉強会、キッズ向けおすすめアプリも一挙紹介!

3

活動レポート | 2011年08月01日 | 10,816 views | Posted by vochkun

 7月29日に練馬区光が丘区民センターで「情報端末と療育に関する勉強会」をおこないました。

 今回が第1回目ということで、まずは私が参加している育児サークルの皆さんに声をかけたところ、7家族15名の子どもたち&保護者の方々が参加してくれました。ありがとうございました!

 各セッションでは、iPod Touch x 2台、iPad x 3台を使ってハンズオン形式でおこないました。子どもはもちろん、大人の方も「iPod/iPadに触るのは初めて」という人がほとんどでしたが、皆さんあっという間に使いこなしてました。さすがです。

今回の勉強会で使用したiPhone/iPadアプリ

 各セッションの概要と使用したアプリは次のとおり。

※アプリの価格は記事掲載時のものです。実際の価格はリンク先ページでご確認ください。

■じっさいにさわってみよう!

 タップ、ドラッグ、ピンチイン・ピンチアウトといった基本操作を覚えてもらうために、初期アプリの「マップ(Google Maps)」と「Google Earth」を使いました。「Google Earth」は地球をクルクル回すのが楽しいのか、ウチの子も一時期ハマってました。

Google Earth (無料)
  • 旅行, ナビゲーション
  • Google – Google Mobile
  • 全てのバージョンの評価: (18,566件の評価)
App + iPhone/iPadの両方に対応

つづきはこちら »

日本Androidの会 福祉部 in ABC 2011 Summer 参加レポート

0

活動レポート | 2011年07月25日 | 3,895 views | Posted by vochkun

 7月17日に早稲田大学でおこなわれた国内最大規模のAndroid関連イベント「Android Bazaar and Conference 2011 Summer(ABC 2011 Summer)」に参加してきました。

 主な目的は「日本Androidの会 福祉部」のカンファレンス発表を聴講するためです。

 「日本Androidの会 福祉部」とは、その名のとおり障害を持つ方やご高齢の方など、何らかのサポートを必要としてい方たちの為にAndroid端末を積極的に活用していこう!という有志の人たちの集まりです。

 先日、NHKで放送された「福祉ネットワーク ~ ぼくの気持ちを伝えたい」で福祉部の活動が取り上げられていましたが、そのときから大きな関心をもっていましたので、今回のイベントはまさにタイムリーでした。

つづきはこちら »

教育ITソリューションEXPOに参加してきました

2

活動レポート | 2011年07月22日 | 6,476 views | Posted by vochkun

 7月7日~9日に東京ビッグサイトで開催された教育ITソリューションEXPOに参加してきました。

 近年、「ICT教育」「教育のIT化」「デジタル教科書(電子教科書)」といったキーワードが広がりをみせる中、学校向けのIT展示会として昨年より始まったのが「教育ITソリューションEXPO 」(EDIX/エディックス)です。

 第2回目となる今年は出展企業550社、学校・教育関係者1万5,000名が来場する国内最大級の教育IT専門展になったとのこと。

 iPadやAndroid端末を活用した授業事例など興味深いセミナーもいくつかあったのですが、今回は下見ということで展示ブースを中心にいろいろ観て回りました。

未来の学校をイメージ? 東芝情報機器ブース

 こちらの写真は東芝情報機器のブース。未来の教室をイメージしたセミナー用ブースが目を引きました。本当にこんな教室があったら楽しく授業を受けられそうですね。

つづきはこちら »