タグ付けされた記事一覧

タグ: 自閉症

【事例紹介#005】口から勝手に出る言葉をLINEで言い直し

0

スマホ活用術/アプリ紹介 | 2015年08月18日 | 3,305 views | Posted by harnya

はーにゃです

 

今回は「口から勝手に出る言葉に自己責任を押し付けないで」のお話しです。
使用するツールはLINEです。

我が家の長男は、コミュニケーションにLINEを使っております。

 

でも、会話の全部をLINEでしているわけではなく、

「選択肢のある会話」

「したいこと、食べたいもの、行きたい場所」

「ヘルパーさんとのやりとり」

などがメインです。

 

長男に記事を書いてもいいかの許可をどうにかもらえたので書いてみます。

つづきはこちら »

【6/17文京区】スマホ、タブレット活用セミナー開催します

0

お知らせ, 活動レポート | 2015年06月11日 | 2,381 views | Posted by harnya

はーにゃです

東京都文京区の文京区心身障害福祉団体連合会さん主催のセミナーで講師をつとめさせていただくことになりましたので直前ですがお知らせします。

 
この形のセミナーはしばらく予定しておりません。
ご興味ありましたらこの機会にぜひご参加ください。
 
すっかり家庭でも浸透しつつあるスマホやタブレットですが、生活を支える道具として活用していますか?
 
 ― 何だか高いゲーム機になってしまっている
 ― YouTube再生専用機のようになっている
 
そんなことはないでしょうか?
結局、携帯ゲーム機の時と同じように
「ゲームばっかりしてないの」
って叱ってしまう対象だったり
 
「あと少し静かにしてて」
と外出先で子守りを頼むためだけの機械になっていませんか? つづきはこちら »

【練馬区6/24】自己決定支援とは~知的障害、自閉症の方が人生の主人公になるために~

0

お知らせ, 活動レポート | 2015年06月03日 | 4,135 views | Posted by harnya

はーにゃです

 

6月24日(水)に念願の「自己決定」に関するセミナーを開催します。

 

先日の知的障害者施設での虐待のニュース。

大きなショックを受けると同時に「氷山の一角なのではないか」と思う自分もいました。

 

決して他人事ではないとも思いました。

障害のある方への人権意識が低く、彼らとのコミュニケーションをとる術も乏しいなら???

 

容易に「支援」が「支配」へと変わっていく構図が目に浮かんでしまうのです。 つづきはこちら »

【事例紹介#004】LINEスタンプ「キッズ気持ち表現スタンプ」印刷用データの活用例

0

スマホ活用術/アプリ紹介, 支援 | 2015年05月25日 | 6,539 views | Posted by harnya

はーにゃです

LINEストアで販売中のLINEスタンプ「キッズ気持ち表現スタンプ」の印刷用データの使い方について、実際に活用されている方々からのご報告をいただいておりますのでご紹介します。

スタンプについての記事はこちら↓

「キッズ気持ち表現スタンプ(日常編)」販売開始しました

 

LINEのクリエイターズスタンプとして販売している「キッズ気持ち表現スタンプ」ですが、LINE上だけでなく、紙に印刷してアナログでもご活用いただけるよう印刷用データを無料公開しております。 つづきはこちら »

パニック等への対応「支援介助法講習会」開催します

0

お知らせ, 活動レポート | 2015年05月16日 | 2,704 views | Posted by harnya

はーにゃです

 

スマホ、タブレットに関することではありませんが、講座を企画しましたのでご案内させていただきます。

自閉症や知的障害、発達障害の方がパニックを起こして暴れてしまったとき、

道路の真ん中で固まってしまって動かなくなってしまったとき

どうしますか?

 

なぜパニックを起こすのか?固まってしまうのか?を しっかりと理解し、彼らが心地よく過ごせる配慮をすることが大前提なのは間違いないかと思います。

 

でも起こってしまったパニック、どう対応したらいいのでしょうか?

息子に殴られて ただただ耐えているお母さんいらっしゃいませんか?

力任せに押さえつけてしまう?

反撃して痛さを教える?

数人がかりでひっぱって動かす? つづきはこちら »

スマホ、タブレット活用セミナーのお知らせ(5/17練馬区)

0

お知らせ, スマホ活用術/アプリ紹介, 活動レポート | 2015年05月05日 | 2,994 views | Posted by harnya

はーにゃです

 

練馬区の教育委員会委託「子育て学習講座」の講師をつとめさせていただくことになりましたのでお知らせします。

 

すっかり家庭でも浸透しつつあるスマホやタブレットですが、生活を支える道具として活用していますか?

 ― 何だか高いゲーム機になってしまっている

 ― YouTube再生専用機のようになっている

そんなことはないでしょうか?

結局、携帯ゲーム機の時と同じように
「ゲームばっかりしてないの」
って叱ってしまう対象だったり

「あと少し静かにしてて」
と外出先で子守りを頼むためだけの機械になっていませんか?

依存やいじめなど怖い話ばかり聞こえてくるスマホやタブレットですが、ゲームやSNSのみで使うのは本当にもったいないです。
見える形のコミュニケーション、スケジュール、自己管理等、彼らの生活を「支える」道具のひとつとして可能性は無限大です。 つづきはこちら »

当事者向けワークショップ開催します

0

お知らせ, 活動レポート | 2015年05月01日 | 2,293 views | Posted by harnya

はーにゃです

 

しょーとてんぱーさん主催で

はじめての「当事者向けスマホ、タブレット活用ワークショップ」を開催します。

 

5月9日(土) 13時半~15時半

武蔵野プレイス

参加費 1000円

 

ほぼ定員に達しておりますが、参加を希望される場合はお問い合わせください。

つづきはこちら »

耳栓を使い比べてみました

0

支援 | 2015年04月30日 | 3,023 views | Posted by harnya

はーにゃです

 

 

スマタブ関係ありませんが、「支援」という点で気づきをもらえる経験をしたので書き留めておきます。

 

ーーーーーーーーーーーーー

「なくても過ごせる」

でも少しずつストレスがたまるし、パフォーマンスも少しずつ下がっていく。

排除できるバリアは取り払いたい

ーーーーーーーーーーーーー

のお話しです。

つづきはこちら »

【事例紹介#003】更新等の日程を失念するのを防ぐ

0

スマホ活用術/アプリ紹介 | 2015年04月21日 | 1,969 views | Posted by harnya

  • はーにゃです
ジョルテ等のカレンダーにずっと先の予定を書き込む。

我が家は自動車の駐車禁止除外ステッカーの交付を受けてます。

これが、3年ごとに更新。

それ、、忘れるんですよー。

期限切れに気づかず更新できないと駐車禁止を切られてしまいます。

こういうのたくさんありますよね。

各種受給者証
自動車保険の更新
東京なら都営交通の無料パス
定期券

など。
連絡をもらえるものはまだいいのですが、手当系や免除系は基本自己申告が多いので、自分で気づいて手続きに行く必要があるものが多くて失念しがち(私だけ?)

今回の除外ステッカーの手続きが終わってステッカーをさきほど受け取りました。
そして、その場でスマホのジョルテに三年後の更新期限一週間前から期限切れ当日までの一週間連続の予定として
「そろそろ除外ステッカー更新」
というタイトルにして登録しました。

更新が終わった時点で手帳だと書き込めないないような期間の予定を登録する

パソコンでもできたことですが、家に帰ってパソコンを開いた時には忘れてる。なんてことありますよね。
「受け取ってすぐ次回更新日を確認してその場で登録できる」
というのが、便利だし、忘れる確率もぐんと低くなりますね。

これは立派な支援者支援だと思います。

「ひとりグループ」という使い方でLINEをAAC(拡大・代替コミュニケーション)アプリに

0

スマホ活用術/アプリ紹介 | 2015年01月18日 | 5,705 views | Posted by harnya

はーにゃです
 
 
以前LINEを使ったコミュニケーションについての記事を書いた後、
「我が家でもコミュニケーションツールとして取り入れてみたい」というお声をいただくようになってきました。
 
LINEを使ったコミュニケーションについての過去の記事はこちら→
 
 
 
 
 
今回リリースしたスタンプだけでなく、LINEをコミュニケーション支援アプリとして活用する際、
 
「相手もLINEを使っていないと利用できないですよね」
 
というご相談をいただくことがあります。
 
 
 
確かにせっかくスタンプを入れたり、文章を入力できるようになっても、友だち登録している相手がいなかったり、相手がLINEを利用していないと使えないのがLINEですね。
 
 
 
・・・・
 
 
 
いいえ、実は裏ワザがあるのです。
 
今回はその裏ワザについて書いてみようと思います。
 
 
 
それは
 
「ひとりグループ」
 
という使い方です。 つづきはこちら »